旧”独身男の中国「裏」日報”日本帰国によりタイトル変更
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のヤクルト・・・オモシロ過ぎる!
2014年05月23日 (金) | 編集 |
最近のヤクルト・・・オモシロ過ぎる!!
なんせ、12球団最強打線!
得点!250点!!(46試合・平均5.4得点)
・・・2位阪神217点を大きく引き離す!
HR! 53本!!(平均1.1本)
打率!.290!!
46試合消化して・・・完封はナシ!
・・・凄まじい・・・凄まじい攻撃力だ!!
コレだけの攻撃力があれば・・・
・・・普通は上位?ところが普通じゃない。

なんせ・・・12球団最弱投手陣・・・
失点・・・237点!!(平均5.1失点)

たぶんだけど・・・ヤクルトファンは・・・忘れているね。
「セーフティーリード」の意味。
ワタシは忘れてるね。
9回2アウトで4~5点リードしていても不安です。

そして、慣れてしまっているね。
「今期絶望」という言葉。

12球団最弱投手陣の原因。
故障者。
前にも書いたように・・・
ヤクルト投手陣は・・・
戦力の半数を失っている!!
ローテーション、中継ぎ、抑え。
故障者だけで編成できる。
そんで、故障者のほとんどが「今期絶望」・・・

先発投手の評価項目にQS率という項目がある。
6回3失点だっけ?
でも平均して5点以上取る打線。
もはや目指す必要が無い。QS。

最近じゃ、勝ち負けよりも得点の有無のほうが気になる。

一応、過去にも事例がある。
近鉄バファローズ。
防御率4.88で優勝。
いてまえ打線を引っ提げて、守れなくても勝てる野球。
・・・
ま、そんな近鉄を倒して日本一に輝いたのは・・・
我らがヤクルトスワローズなのですが(笑)

優勝とは言わない。
CS争いに絡んでくれれば・・・
いや、最下位じゃなきゃいいや。
最後までやってくれ。オモシロ過ぎる野球。
記録作ってやろうじゃないの!
スポンサーサイト
最近のゴルフ・・・
2014年05月19日 (月) | 編集 |
最近、ゴルフ結果に関する報告が無い。
理由は簡単。調子が悪いから。
特にドライバー
まあ、調子悪いのは仕方ない。
いま、技術革新に取り組んでいます。

現状は・・・
手を大きく回して振りあげて・・・
トップで伸びあがる。そんで、また沈んでインパクト。
なかなか珍妙なフォームのようで。
誰が見ても独特。自分で見ても・・・やっぱ独特。
そもそも独特って言われなかったことが一度もない。
一応、プロには習っているのですが。
・・・
修正しなかったのではなく、できなかったのです。
ここを直そうとすると、驚くほど当たらなくなる。
直さなくても、そこそこ当たる。
・・・
な、もんで・・・後回しにしていました。

でも、今回!着手しました。
で、直ったか?
・・・まだ分からんです。
意識しているのは・・・肘・膝をむやみに曲げない。
・・・
まあ、上記は上下動の修正と言うよりは
オーバースイングの修正です。
・・・
ここまで引っ張っておいてアレだけど、主たる修正は・・・
ヘッド落下点の修正です。はい。
右足の外側にヘッドを落とす意識で打つ。
点でなく、線でタマをとらえる意識。
そんで、肘・膝を曲げないことでスイングアークが大きくなる。
この2点・・・ヘッドスピード上がるんですわ。
普通に44m、MAXで47m/sec。
(常時47~8出れば・・・250くらい飛ぶぞ!)
ちなみに修正前は40~42くらい。
・・・
もう一つぶっちゃけると、コレ・・・野球にも応用してます。
まともに当たったことが無いので分かりにくいけどね。
タマを呼びこむ・・・少し、意味が分かったような気がする?
・・・
右足の外側に金槌を打つような力感でヘッドを落とす。
だから自分では「金槌打法」と呼んでます。
肘・膝の修正を加えて「金槌打法ver.2」と呼んでます。
・・・
ただ、同時に2つに進めたことで・・・狂ったかも・・・
ドライバーでケガするので110点が切れない。
スライス、引っかけ、テンプラ、チョロは出るけど・・・
上下左右は出るけど真ん中が打てない。
ファミコンの十字キーのような状態?
・・・
元のスイングがカッコ悪い、みっともない・・・とは思わない。
むしろ、個性!・・・なんて思っていました。
もっと言えば、個性は強さ!(by故・仰木監督)とも思っている。
誰が見てもワタシと分かるスイング。いいじゃん。
でも、正確性とスイングスピードの向上が得られるなら・・・
やる。
ま、修正したところで残るだろうけど、個性。

最近3ラウンドの成績は・・・
116・・・「金槌打法ver.1」・・・ファミコンの十字キー状態・・・
112・・・(1.5R平均)「金槌打法ver.2」・・・少し改善
・・・そして105点
最後の105点、前半はドライバーが暴れていましたが、
後半は安定しました。

「金槌打法ver.2」から微調整。
トップを抑えて、上体の捻りを加えた「金槌打法ver.2.1」
飛ぶし曲がりにくい。
あとはスイングテンポと落下点を安定させて・・・
「金槌打法ver.3」を完成させるのみか??

ラウンド中の動画を見るのが楽しみだ。
それと、次のラウンドもね。

それにしても・・・ワタシの「○○打法」・・・いくつあるんだ?
気が向いたら数えてみよう。
ワタシしか使わない?ゴルフ用語
2014年05月10日 (土) | 編集 |
ゴルフ用語、いろいろあるよね。
でも、素直に用語を使わないワタシ。
ワタシしか使っていないゴルフ用語集を考えてみる。

<ティーショット編>
①朝一!
 朝一番のナイスショット。今日一の朝バージョン。

②藤川球児のストレートや!
 おもにフェアウェイウッドでティーショットを打った時。
 低弾道で飛び出した打球がホップしたときに使用。
 群馬県民なのに若干関西弁になったことは気にするな!

③今日14!
 ドライバーのミスショット。ショートホールがIN・OUTで4ホール。
 つまり、ドライバーは14回使用する。
 今日14ってことは・・・最低のミスショット。
 次々と更新されることも多々ある・・・?

④今日一候補!
 ナイスショット時に使用。更新されず、そのまま今日一になることも・・・

<ショット、アプローチ偏>
⑤パワーチョロ
 チョロというかトップ。
 100ヤード以上転がった場合に適用。
(用法)
 はい?チョロ?なに言ってるの。これはパワーチョロじゃい!!
 ・・・ま、狙っていないけどね(涙)

⑥隣の奥さん!?
 ツイングリーンのホールで良く出る。
 本来のグリーンじゃないほうにナイスオンしたときに使用。
 ・・・なぜか、けっこう得意。
 そして、意外と普及している。

⑦(上陸)作戦A、B
 アプローチショットの弾道別の呼び名。
 作戦A:ピッチアンドランのアプローチ
 作戦B:ランニングアプローチ。命中率に自信アリ!
 Bを多用する。

<パター編>
⑧OK幅
 1~2mのパットを決めた時に宣言する。
 ああ、この距離も決まった。よし!広がったぞ!ワタシのOK幅!!
 次ホールで1mくらいでOKを要求する。
 ほらほら、OK幅内だ!OKっしょ!・・・認められた事例なし。

⑨ほぼOK!ま、打ってもらうけどね。
 ヒトには厳しい。
 だって、OK幅認めてくれないんだもん。

⑩ヤップ!スイープ!
 カーリング用語。届かなそうな時に「スイープ」→「ヤップ」
 ・・・基本ショートが多いので。オーバーバージョンは無し。

こんなもんか。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。