旧”独身男の中国「裏」日報”日本帰国によりタイトル変更
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国麻雀、温州ルール
2009年05月31日 (日) | 編集 |
浙江省の温州。みかんの産地です。
「原生みかん」と呼ばれる小さいみかんが特産物です。
ちなみに「原生みかん」とデカイみかんとを交配して
現在のみかんができたそうです。

以前、温州出身の友人と温州麻雀を打つ機会があり、ルールを知ることができました。
ショッキングなルールなので紹介したいと思います。

少し話は変わりますが、麻雀を打つ際、「カン」が好きなヒトっていますよね。
「カン」するために「ポン」するヒト、暗刻をわざわざ大明カンするヒトなど。

そんな「カン」好きなヒトにとっては最適なルールかもしれません。

この温州ルールの最大の特徴は「カン」の評価が異常に高いこと。

「カン」の扱いの説明の前に、ゲームの流れ。
前回紹介した昆山ルールと同じく、哭いても手を揃えればOK。
リーチやフリテンはなし。
最大の違いは花牌が無いこと。そして、「ポン」はあっても「チー」はないこと。

点数は出アガリが1点、ツモアガリが全員から2点で計6点。
ツモは昆山ルール以上に優遇されています。
レートは1点10元程度が一般的。
ゲームの展開が速く、日本の「点5」の麻雀くらいのカネが動きます。

そして「カン」。「カン」の取扱いが特殊です。
恐ろしいことに「カン」が成立した段階で他家のアガリと関係なく得点が確定します。

「暗カン」(アンカン・・・自力で同一の牌を4枚そろえてカンすることを指す。)
「暗カン」が成立した段階で、4枚を伏せる。日本のルールと異なり、晒す必要なし。
※アガリや流局で局が終了した段階で本当に4枚あるか確認されます。
「暗カン」が成立した段階で全員から2点、計6点が確定します。

「明カン」(ミンカン・・・暗刻から大明カンしたり、ポンに加カンした状態を指します。)
「明カン」が成立した段階で全員から1点づつ、計3点が確定します。
「明カン」については加カン時の「槍カン」(チャンカン)もあります。
この場合、出アガリの1点にボーナス2点が加わり、3点の失点となります。

また、両者に共通しますが「嶺上開花」(リンシャンカイホウ)もあります。
コチラも2点のボーナスがつきます。
暗カンして嶺上開花しようものなら・・・
暗カン2点、嶺上開花2点、ツモで2点。それぞれ全員から取るので計18点。
1点10元なら1撃で180元(約2300円)確定。点5のトップに該当します。
このルールにおいて最高点に近い。

そして、もう一つの特徴。中国麻雀には珍しく、少しだけ役があります。
七対子(チートイツ)、十三公九(シーサンヤオチュウ)など。
十三公九というと日本麻雀では国士無双が連想されますが、温州麻雀では
雀頭以外が一九字牌でバラバラならOK。出現率は結構高い。
点数は両者ともに3点。

とにかく「カン」が優遇されるので、後ろで見ていると考えられない仕掛けをします。
ただ、ツモも優遇されているので、ツモ重視派とカン重視派に分かれそうです。
配牌によって戦略が変わってくるので、前に紹介した昆山ルールよりはおもしろいかも。

スグにルールは理解できます。それでも、カンにこだわる場面が多く、あまりやりすぎると
日本の麻雀が打てなくなる可能性があります。
要注意。

ん?温州の友人って誰って??
とりあえず、ウチの会社のヒトじゃない。あとはヒミツ。
スポンサーサイト
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
中国麻雀、昆山ルール
2009年05月30日 (土) | 編集 |
ご存知の通り、中国の麻雀と日本の麻雀とではルールが違います。
また、同じ中国の麻雀でも地方によってルールが異なります。
上海・昆山・蘇州、それぞれ隣り合っている町ですが、ルールが
違うそうです。
しかしながら、リーチがない、フリテンがない、自獏(ツモ)が優遇される
など、共通点は存在します。

中国に住んで通算2年強。今回は認識できたルールについて紹介します。

<昆山ルール>
自分が住んでいる町のルール。そりゃ、認識できますわ。
昆山ルール、簡単に言っちゃえば「花麻雀」「抜きドラ麻雀」です。

通常、麻雀牌は136枚で使用しますが、昆山ルールではさらに
8枚程度の花牌が加わります。
三元牌も花牌扱いを受けるので華牌は計20枚程度。
これら花牌の数で点数が決まります。

やり方は簡単。ポンもチーもあり。とにかく揃えればOK。役もない。
ただし、花牌がなければ出アガリすることはできない。(ツモはOK)

花牌を持ってきたら、晒して嶺上牌(リンシャンパイ)から1枚持ってきます。
晒した花牌の数で点数が決まります。
レートは1花何元、と言った感じで決めます。
1~4枚は切り上げで5枚扱いされるので、「1花2元」と決めていても
1回の和了(アガリ)で最低10元入るコトになります。
6枚から10枚扱い(20元)されるので、ヤバくなるわけです。

仮に1花2元のレートで花牌1枚でアガった場合。点数は10元になります。
出アガリは放銃者から10元。
ツモった場合は全員から10元ずつ計30元もらえます。
日本よりもツモが優遇されているコトが特徴的です。

あと、日本の麻雀と異なり、1局精算です。
1局1局で決着が着くので、用事などで一人欠けることになっても、
スグに別のヒトが入ることができます。

単純なルールで日本で麻雀をやったことのあるヒトはモチロン、
やったことの無いヒトでも簡単に理解できるはずです。
「単純でつまらない」という意見もありますが、誰でもできるコトでプレイヤーに
制限がなく、みんなで楽しめる利点があるとワタシは考えます。
どうでしょう?

そうそう、中国でも自動卓がかなり普及しています。
あの日本でも有名なメーカーも中国へ進出しています。
日本では「マツオカ」ですが、中国では「松岡机電(中国)有限公司」。
中古品であれば1台1000元くらいで入手できるとか。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
中国のロト「彩票」
2009年05月29日 (金) | 編集 |
街角にポツンと佇む小屋。
中にはオッサンが狭そうに座っている。
ロト売り場
これは中国版ロト「彩票」売り場。
日本のロトと同様、ケタ数によって当選金が異なります。
ちなみに当選金は・・・
当選表
最高金額・・・1785.5元(2億5千万円くらい)
次いで284万元(4千万円くらい)
日本なら最高6億だったっけ?
最高金額は見劣りしますが、結構な額。
とりあえず、やり方を把握しているのは・・・
「七彩楽」・・・1~36(多分)から7つの数字を選ぶ。順番は関係なし(多分)
「3D」・・・1~9の数字から3つの数字を選ぶ。順番関係アリ。
「双色球」・・・1~22、23~36の2種の数字群よりそれぞれ3つ選択。

多分、こんな感じ。
日本でもロトに興味なかったモンですから。適当です。
でも、どーする?1700万元も当たったら?
こうなりゃ住むしかないでしょ?中国に。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
四川省出張、辛い(からい)辛い(つらい)出張
2009年05月28日 (木) | 編集 |
クレームにより急遽決定した四川省出張。
営業課長Lさんと担当Rさんとともに四川は成都へ。
2004年にも訪問したことがあるので、今回は2回目の四川です。
とりあえず、パンダ。
パンダ!
時計台の上でクルクル回っていました。

さて、仕事。
2日にわたる製造現場立会いの末、原因はハッキリしたものの、
機材が入手できず。その場での解決には至らず。
予想していた通りだったのですが・・・
日本なら機材を持ち込んでその場で何とかできたのに・・・
仕事としてはイマイチ。悔いが残りました。

それでも、クレームの連絡を受けて四川まで飛んできたコトに対し、
ユーザーの印象は悪くなかったようです。

初日の現場立会い後、ユーザーと夕食。
食べたものは・・・さすが、四川。火鍋です。
四川省にあるチェーン店「蜀九香」
普通、火鍋とは左右で分割され、辛いスープと辛くないスープを使います。
でも、今回は・・・
あかいっす。
赤いです、全部。っていうか、黒いです。
黒いスープに赤いトウガラシが浮いています。
ヤバイって。
(まあ、実際に出てきたものは真ん中だけ白かったのですが。)
ビビるワタシとL課長(上海人)をよそに四川省出身の営業担当Rさんはご満悦。

どう考えても辛そうなスープに具を入れて煮込む。
煮込んだら、タレにつけていただく。
通常、火鍋のタレは自由に選べるのですが、この店では有無を言わさず、コレが出てきました。
鍋のタレ
中国語で言うと「麻油」、ごま油。
ごま油にニンニクを入れたもの。
ここに香菜やらお酢やら追加してオリジナルを作る。

このタレで意外な発見がありました。
ごま油につけることにより、辛さは感じるのですが、辛さがスッキリする。
辛さがいつまでも舌に残らない。結果としてガンガン辛いのがイケル。
(ま、次の日にトイレでビックリするのですが・・・)
それでも、さすが四川のヒト。辛さに対する耐性が比較にならない。
やっぱ、辛さについては超人的です。四川人。

辛(から)かったけど、おいしい食事をご馳走していただきました。

それにしても、移動が辛(つら)かった・・・
特に帰り。
飛行機に3時間近く乗る。そんで、浦東から昆山までバスで3時間近く。
計6時間の移動。すげー疲れました。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
ヘンな日本語、化粧用品
2009年05月27日 (水) | 編集 |
化粧用品におけるヘンな日本語。
化粧用品界のエースといえば・・・
「ミシモト」
”ミシモトのホームゲジズ”といえばヘンな日本語業界(?)でもトップブランドです。
さすが、エース。さすが、トップブランド。安定感バツグンです。
ミシモトの脱脂綿
「天然コットソ」
ンとソ。基本は外さない。
「キスミーフエルムプルーフアツプラリツ」
・・・呪文?ものすげー強い魔人とか出てきそう。解読不能。
「絹のょづな、なめカラ-cスキスミーフエルム」
・・・復活の呪文?ドラクエ?解読不能。
「かな使り心地ゾす」
・・・う~ん、ムリ。かなり使い心地がよいって言いたいの?

さすが、エース、トップブランド、そして老舗。安定しています。
そもそも「ミシモト」って書いているけど、漢字では「三本」。
「ミツモト」でしょ?
でも、この「ミシモト」。どこのコンビニ・薬店・スーパーへ行っても置いてある。
にもかかわらず、3年くらいこのまま。
狙っているの?

まったく、ちゃんと隣の商品みたく、誤字を無くさなきゃ・・・
今の逸品脱脂綿
字は間違っていない。でも・・・
「コッント」
字は合っているんだけどね~
・・・残念!

ヤバいぞ、「ミシモト」
強力なライバル出現!!
その名も「今の逸品」!!

・・・
でも、ハコの裏を見ると・・・
同じ会社で作ってんじゃん!!
同じ会社にもかかわらず、間違え方が違うのはナゼ??

ちなみにハコの裏に書いてあった企業名。
製造「広州杰麗斯集団」
監制「日本杰麗斯集団」
・・・日系企業の監修を受けている??
ゼッタイ受けてないだろ?監修。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
ヘンな日本語、マジック編
2009年05月26日 (火) | 編集 |
休日、上海でお気に入りの「宝山路」を歩いていると、いいものを発見しました。
マジック。耳がでっかくなる方(マギー士郎)じゃなくって、ペンのことです。
仕事柄、結構使うんですよ~マジック。

ちょうど、山積みになって売っていたので購入しました。
でも、よく見ると・・・
マジックその1
・・・う~ん、何からツッコむか??

赤マジック。太いやつ(写真上)
「ジばア」・・・ゼブラ?原型を留めていない。
「サカナ・マーク」・・・サカナにも書けるの?市場向け??

黒マジック。細いやつ(写真下)
「セツタ」・・・これもゼブラ?「ジばア」よりは原型を留めている。
「ラッキー」・・・ラッキ~♪って、そりゃ「マッキー」だろ?

続いて赤マジックの裏側の拡大
赤マジック
書ける物。
紙、布、木・・・そして!
「ダン木ール」、「カラス」、「フラスチック」、
そんで金属。
最後は「ヒニール」

ヒ、ヒニール??

さらに黒マジックの裏側の拡大
黒マジック
「ペソ」を激「レ」く振ったら、落としたらすると「イソク」漏れの原因と「ならます」。

「ペソ」?アルゼンチンあたりの通貨?おカネ落としたらダメよ。

いやぁ~爆笑しながら購入。1本2元。2本で4元だけど、3.5元にまけてもらった。
いいね~こーゆーヘンな日本語。
激レく夢中にならます。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
作戦失敗!
2009年05月25日 (月) | 編集 |
作戦失敗!
う~ん・・・中国赴任後、ずっと疑問に思い、思いが募りに募って
やっと決行した作戦でしたが、失敗しました。
残念。

ん?作戦?
作戦名は・・・
「中国の吉野家でツユだくにできるか作戦」
別名、プロジェクトTD(ツユだく)
説明しよう!ツユだくとは”ツユたくさん”の略称なのだ!
・・・えっ?みんな知ってる?あ、そう?

きっかけは先月、上海の吉野家へ行った時。
注文を済ませて、牛丼を待っていると・・・
もう一人お客(女性)が入ってきました。
彼女の注文を聞いていると・・・
「一椀牛肉飯、湯多一点」
訳すと・・・「牛丼1杯、スープ多めで」

こ、これは・・・
湯多一点=ツユだく では・・・
こうなりゃ、検証でしょう!

さっそく、吉野家へ行き、牛丼を注文する。
モチロン、「湯多一点」を付け加える。
これを聞いた店員さん。不思議な顔一つせずに厨房に注文を伝える。
・・・いける?いけるんじゃない?
みんな、中国じゃツユだくはしないって言うけど、実はできるんじゃない??

期待に胸を膨らませながら、牛丼を待つ。
そして!これが出てきた牛丼だ!!
ツユだく??
牛丼をチェック・・・
・・・・・
・・・・
・・・??
ん・・・普通だな・・・
それよりも気になるのがミソ汁。なんかさ、多くない?
多いよね。やっぱ、多いや・・・

観察の結果、確信しました。
「湯多一点」と頼むと、どうやらミソ汁に入れるお湯を多くしてくれるようです。
ツユだく作戦、失敗。
代わりにミソ汁増量(味は薄い)には成功しました。
・・・やっぱ、作戦失敗だね。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
江蘇省、名前の由来
2009年05月23日 (土) | 編集 |
ワタシの住む昆山市は江蘇省にあります。
さて、この江蘇省。なぜ、江蘇省と呼ばれるようになったのでしょうか?

他の省では・・・
湖南省、湖北省・・・洞庭湖の北南
河南省、河北省・・・黄河の北南
山東省、山西省・・・泰山山脈の東西
など。地形に由来する省が多く見られます。

実は江蘇省も土地に由来します。
数億年前、長江の流域はもっと広かったと言われています。
しかしながら、黄砂により堆積土が溜まって長江の流域が狭くなりました。
結果として堆積土による土地が出現し、江蘇省を形成しました。

現在も地表に粘土質が残り、湿地帯が多い特徴があるのは、その名残です。
地面が柔らかく、工場建設の際は多量の杭を地面に打ち込む必要があります。

さて、江蘇省。その名の由来は・・・
川(長江)より蘇った土地・・・だから、江蘇。江蘇省!

おお・・・すげー。すげーよ。なるほど~納得。
奥が深いな~ 見事。見事な・・・

デタラメだ!!(爆)

いやぁ~適当に考えた割には見事。
話したヒトはみんな納得してくれました。
最後にデタラメであることを告白するとみんなズッコケてくれます。
または「デタラメかい!(怒)」などとツッコンでくれます。
う~ん・・・ホームラン級のデタラメだ。

本当の由来は・・・
南京の旧名称「江寧」と蘇州市の名前をあわせて「江蘇」。
1600年代に省域が設置された際に名づけられたらしい。

ちなみに蘇州も蘇州市内にある姑蘇山より”蘇”の文字が地名となったらしい。

いや~いいね~デタラメ。
論理的であればあるほど、納得されればされるほど気持ちいい。
性格悪い?ワタシ?
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
上海で見かけたバス
2009年05月22日 (金) | 編集 |
上海の街をほっつき歩いていたある日。
変わったバスを見かけました。

上海を走っているバスは通常のディーゼルエンジンのバス。
特徴的なのがトロリーバス。
トロリーバスとは電線から電力が供給され、モーターを回して走っています。
電車と同じやね。中国語では”電車”と呼ばれるとか。

エコ仕様のバスはトロリーバスだけかと思っていたら・・・
最近はこんなのも走っているのね。
電動バス
電動バス。
電動・・・なんかイヤラシイ?・・・失礼。
今さら北京オリンピックのロゴ・・・ってコトは・・・
結構、前から走っていたのね。

ちなみに電動バスマークも付いています。
電動バスロゴ
”電代油”diandaiyou
油(石油)に代わって電気で動く・・・みたいな感じ?

電気自動車が実用化されています。すげーな、中国。
でも・・・このバス・・・おそい。ダッシュすれば追いつけるかも・・・
それと、このバス、立ち上がりが悪い。
やっぱ、限界があるのか。

ところで、電気自動車ってホントにエコなの?
だってさ、電気って火力発電によるウエイトが高いでしょ?
走っている時はCO2出さなくても、発電の時に出しちゃったら意味ないっしょ。
だいたい、電気→動力の変換効率ってどーなのよ。
ディーゼル車のほうが環境にやさしいなんて言っている専門家もいたし。

そこで、ガソリン車と電気自動車のCO2排出量について考察しました!
結果は・・・
・・・?
・・・??
・・・!!!
ああ!徹夜でやった小難しい計算をメモった紙が・・・どっか行っちゃいました~
どうやら、お菓子のカスやらタバコの灰と一緒に捨ててしまったようです。
いやぁ残念、残念。
結果?紙が無いからわかんない。
ホントにやったかって?し、失礼な!(汗)
・・・ま、また、気が向いたらやってみます。考察。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
ヘンな日本語、上海で見かけたバイク
2009年05月21日 (木) | 編集 |
上海の外れまでユーザー訪問。
タクシーで地下鉄の駅まで戻って上海市内へ向かう。

上海市内の地下鉄駅前にはバイクのタクシーがタムロしている。
駅に向かうや否や、「おい、どこいくんだ?乗ってくかい?」
なんて話しかけてくる。

毎回毎回、うるせーな。誰が乗るか!そんな、危なキタナイのに!
ん?こいつ、いいバイク乗っているな。
よく磨いているし、ピカピカだ。
スズキ?日本製か??
・・・あれれ?
ススキ?
このバイクのメーカー、よく見ると・・・
「SUSUKI」
・・・ススキ?
おしい。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
新幹線、裏技。
2009年05月20日 (水) | 編集 |
過去に何度か取り上げましたが、中国では新幹線が走っています。
ただ、休日などの混雑時には切符の入手が難しい。
当然、全席指定。

指定席の切符を持っていて乗り遅れた場合。
日本であれば、空席さえあれば切符の交換もOK。
しらばっくれてそのまま乗っても車内で何とかなる、多分。
しかしながら、中国ではダメ。
平日など空いている日であれば切符の交換もOKだけど休日はキツイ。
5時の新幹線に乗り遅れる→次の時間の切符を探す→8時過ぎしかない。
・・・こんな状況になります。

今回、ヤッカイなことに日本から来た出張者と移動。そんで乗り遅れ。
また、やっちゃいました。
前回はしらばっくれて乗り込んで誤魔化すことができましたが、最近はダメ。
駅員がシッカリマークしている。
さて、どうするか・・・

悩んでいると、ダフ屋らしきニーチャン(オリエンタルラジオの藤森じゃないほう似)が
声を掛けてきました。
一人であれば、まず相手にしない。バスでも探す。
でも、今回は初めて上海に来た出張者と一緒。ゼヒ新幹線に乗ってもらいたい。
・・・と、いうことで騙されたつもりでダフ屋のニーチャン(オリラジのメガネじゃないほう似)
についていくコトにしました。

実はワタシ、彼らに興味がありました。
どーやって儲けているのだろう?疑問でした。
だってさ、前もってたくさん切符を買ったら、売れ残りでマイナスになりうる。
それと、1人で何十枚も買えるシステムじゃない。
ニセモノでも作っているのか?

とりあえず、ニーチャン(オリラジ・メガネなし)についていこうとしたとき・・・
「一人30元ね。」・・・だってさ。やむを得ず2人分60元を払う。
お金を払うと名刺を渡してきた。
名刺に書かれた名前は”馬先生”・・・自分に先生つけるなよ・・・

そして、裏道に連れて行かれる。するとゴツいダフ屋のボスが待ち構えていた。
くわえタバコで佇むボス。この雰囲気、マフィアか??
客を連れてきた子分に気づくとおもむろに薄汚いアタッシュケースを出す。
ケースには大量にニセ切符が・・・
しかし!そこに警察が駆けつけてきた!全力で走り出す2人!
拳銃を構える警察!警察とダフ屋との死闘が・・・
始まりませんでした(爆)。
裏道にも行きませんでした。妄想大暴走でした。

・・・何も持たずに、そのままホームへ向かう。
(ここから本当の話です。上述の妄想は忘れてください。)

改札開始と同時に動き出した人ごみに紛れてホームへ突入。
(始発駅の改札は意外と手薄)
そのまま、食堂車に乗り込む。
そこで、ニーチャン(ヤセ・ヒゲ・坊主アタマ)は車掌が集まるカウンターへ向かう。
そして、なにやら交渉を始める。中国語で。
部分的にしか聞き取れなかったが、どうやら乗り遅れ30分以内であれば次の列車に
乗っても良いらしい。
見ていると、それほどキナクサイ雰囲気はない。
1分もしないうちに交渉終了。

もしかして・・・これって・・・違法でも何でもない行為?
まあ、交渉委託料と彼らの実態を知る授業料と考えれば安いか?60元。

始発駅であれば多少融通は利くようです。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
上海アテンド
2009年05月19日 (火) | 編集 |
先週の日曜日、上海に出張に来たウチの会社の営業さんのアテンド。
日曜日の朝から夕方まで上海を観光して夜に昆山へ移動。

ワタシにとって2回目のアテンド。何れも身内ですからラクなもんです。

今回のコースは・・・
○朝食。その辺のラーメン屋。現地メシ。1杯6元。
 物価の高い上海でも現地メシは安い。

○午前中。上海博物館。ちょっと駆け足で見学。
 何故か人気のある上海博物館。ワタシは2回目。
 1階の青銅器・仏像と2階の土器・陶器展示場がおもしろい。
 土器は紀元前7000年のモノもある。長~い歴史を感じます。
 予備知識ゼロでも1・2階でかなり楽しめる。
 ちなみに写真は取り放題。普通の博物館では考えられん。

○昼。豫園。ベタな観光コース。東京で言うところの浅草。
 チャイナチャイナした雰囲気を楽しみながらゴミゴミした建物を散策する。
 横浜中華街と上野アメ横を足した感じ。(2で割らない)
 中国にいながら、思わず・・・「おお、なんか中国っぽいな!ここ。」
 ・・・中国ですってば。

○昼食。豫園。通常は小籠包だけど、この日は趣向を変えて上海料理。
 ”紅焼”と呼ばれる、醤油と砂糖で甘っ辛く味付けした料理が上海人の好みらしい。
 ”蟹粉豆腐”を代表とする上海ガニをすりつぶして作った料理も人気。

○昼過ぎ。上海ヒルズ。また登っちゃいました。100階建て。
 開業した直後(9月)はヒトがたくさん。へーきで2時間待ち。
 でも、最近はガラガラ。並ばずに登れる。
 100階にある世界最高の高さにある展望台は一見の価値アリ。

○夕方。新幹線で昆山へ移動
 前、アテンドした時は乗り遅れ。実は今回も・・・
 また、裏技炸裂。内容は、次回にでも。

○昆山で食事

○ホテルで解散

・・・なんか、前回といっしょだな。展開が。
まあ、本人の希望とベタなコースにこだわったから。
希望がカブればコースもカブる。しょーがないさ。
ワタシは悪くない。ワタシ is justiceです。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
どうした!?ヤクルト?5連勝!!
2009年05月18日 (月) | 編集 |
金曜日に上海出張。
土日も上海で過ごし、しばらく日本のニュースを見ていませんでした。
・・・何だか、おかしなことになっている。
い、いったい、どーしちゃったんだ?我らがヤクルト。

ヤクルト5連勝!!

・・・う~ん、すごい事になっている。
それも火~日の5連戦で5連勝。
ヤクルトの先発投手陣を考えると下記のような感じかな?
1.石川◎
2.館山◎
3.ヨシノリ?
4.高市?
5.川島・亮?
6.一場、木田→先発から中継ぎへ
7.李恵践、バレット→外国人枠の影響で不定期
石川、館山が安定しているから大きな連敗は無い。
しかしながら、彼ら以降の先発候補が不安定で連勝も難しい。

でも、5連勝。
内訳は・・・石川、館山、そして、ヨシノリ、ユウキ(!)、川島・亮
ヨシノリ。しばらく、早い回で試合を壊す展開が続いたけど、今回はシッカリしていた。
驚いたのが、ユウキ。
肩の手術で復帰が遅れ、あえなくオリックスより戦力外通告を受ける。
ヤクルトの入団テストに受かって育成枠で契約。5/12に支配下登録。
で、初登板で(移籍後)初勝利。
そんで川島・亮。
彼も肩の手術で復帰に時間がかかってしまった。復帰後も球数制限つき。
いいピッチングはするけど勝ち負けが付かない。
ところが、今回は同じく手術を受けたユウキを見て奮起。118球投げて勝利。

彼らが2回に1回くらい勝てれば・・・いけるでしょ?
ヤツら(巨○)を捲くれるよ。
野村ヤクルト時代もそーだったもの。
ず~っと2位をキープ。プレッシャーも少ない環境でプレー。
シーズン末に捲くって優勝。

やべ、イケルかも・・・

とりあえず、交流戦でコケないことを祈りましょう。
同時に交流戦でヤツら(○人)がコケることも祈りましょう。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
パン粉を使った料理。
2009年05月16日 (土) | 編集 |
う~ん・・・まいった。パン粉が余っている・・・それも大量に。
捨てるのはヤダ。でも1kgくらい残っている。どーしよ。

この前はハンバーグを作ろうとしてパン粉が無くて困ったけど、
今回はパン粉が残って困っている。
何だろうね?この計画性の無さは。O型の宿命?

とにかく、何とかせねば・・・
ハンバーグ作っても、これほど大量のパン粉は使いきれない。
て、いうかメンドクサイ。

レシピ検索サイト「クックパット」で探してみよう~
・・・
「~のパン粉焼き」とかいう料理はたくさんヒットする。
うん、メンドクサイ。却下。
さらに検索すると・・・見つかりました!
手間、パン粉の使用量ともにOK。その料理とは!
パン粉でパン!
パン粉でパン。パン粉もパンか(ToT)・・・だってさ。

さっそく試してみる。レシピは・・・
パン粉に牛乳をテキトーに混ぜて、レンジで30秒くらいチン♪
・・・これで終わり。簡単!テキトー!
テキトー大好き。O型ですから。
考案者も絶対にO型だ。間違いない。
このレシピのいい加減さは他の血液型じゃムリだ。

でも!なかばバカにしながら実施したところ・・・うまくいきました。
いや、マジで。レシピに従い、テキトーに作成したところ、見事。
パンというか蒸しパンに近い。
牛乳だけでなく、砂糖を加えると、より蒸しパン。
レーズンなど加えると、よりおいしくいただけるはず。
(レーズンは試していません。テキトーです。)

いやぁ~スバラシイレシピ発見。よかったよかった。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
上海、宝山路で買ってきたメモリー
2009年05月15日 (金) | 編集 |
今年に入って発見し、何度か足を運んでいる宝山路の市場。
以前紹介しましたが、ここは電子機器や部品、工具を主に扱う市場。
今回は仕事で使っているPCのメモリー増設のため、メモリーを買いに行きました。

一言に市場といっても、何種類か店の形態があります。
①路上。
道っ端にお店を広げている。カゴに部品が乱雑に放置されている。
炎天下でも構わず放置。
売られていたメモリーを手にとって見ようとしたが・・・熱い。
直射日光で熱くなっている。使えるのかなぁ・・・
とりあえず、購入。256MBで25元。

②プレハブの中。
プレハブの中でお店が所狭しと並んでいる。
直射日光は当たっていないので、部品の損傷は少ないかな?
でも・・・何を聞いても「没関係、没関係」。大丈夫か?
とりあえず、型番を確認した上で購入。256MBで50元。
直射日光を避けているので割高??

③ビルの中。
市場の近くにビルがあり、ビルの中で市場のような店が並んでいる。
エアコンも効いている。部品の損傷は最少。
他の買い物客と店員との会話を聞いていると、この店員、何だか詳しそう。
詳しくっても中国語じゃなぁ・・・
品質には問題ないでしょ?ちょっと型番が違ったけど、高いやつを購入。
512MBで90元。
「ダメだったら、ここに電話しろ。」と名刺を渡される。
そんなこと言われてもね・・・

買物の総額、165元。・・・256MBだったら新品が買えたのでは・・・
まあ、いいか。おもしろかったし。

さて、購入したメモリー。
買ってきたメモリー
写真上、①路上で購入。直射日光で加熱。あっつい。
写真中、②プレハブで購入。とりあえず、直射日光は避けている。
写真下、③ビルで購入。箱入り!
さて、結果は?
まず、本命③・・・ダメ。型番がチョット違ったのがマズかったか?
(DDR-PC2700が必要なところ、DDR-PC3200を購入)
続いて、対抗②・・・OK。型番もメーカーも一緒。
増設作業、完了!
最後に大穴①・・・やめとこ。使えるとは思えん。

ムダな出費が目立ちましたが、メモリー増設完了。
256MB→512MBにパワーアップ。
スピードもチョットアップ。
動かなかったアプリケーションもある程度、動くようになりました。

今度はノートPCの部品も買ってこようかな~♪
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
中国人の困った性質。キライじゃないんだけど・・・
2009年05月14日 (木) | 編集 |
中国人と日本人。同じ東洋人ですが、国が違う。
お互い、外国人です。
日本人から見た中国人の困ったクセ。

1.やたらと奢りたがる。
中国人には割り勘という風習がありません。
(最近は”AA”といって、割り勘も普及しつつあります。)
「今回、奢ってやったから次は奢れよ。」
「前、奢ってもらったから、お返ししなきゃ。でも次は・・・」
・・・みたいな感じでエンドレス。
しかも、先手を取りたがる。
先手を取った挙句、デカイ顔をする。

日本の場合も、「ここは私が。」「いやいや、私が・・・」ってやりますが
2~3往復で終わり。割り勘と言う結論もある。
でも、中国の場合は・・・ケンカ寸前までやりあう。
割り勘と言う結論は殆どない。

う~ん・・・困ったもんですな~
キライじゃないんだけど。メンドクサイ。

2.花火好き
冠婚葬祭、盆と正月、引っ越し祝い・・・その他。
一番激しいのは正月。春節。
でも、何もなさそうな日でもボンボン花火を打ち上げる。
ある休日。バスに乗り込んで発車を待っていると・・・
花火好き中国人
おもむろに花火をセットして火をつける。
モチロン、爆竹も。
いったい、何の祝いだったのだろ?
旅立つ友へのはなむけ?それにしては誰も手を振らない。
と、いうか見向きもしない。
う~ん、なんだったんだ??在庫処理?
困ったモンですな~
キライじゃないんだけど・・・ウルサイ。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
四川大震災より1年
2009年05月13日 (水) | 編集 |
昨日、5月12日は四川大震災が発生した日。
中国各地で追悼式典が行われたようです。
四川地震の追悼記事
中国のyahooも追悼モードで白黒でした。

去年4月末に中国に赴任して間もなく発生したショッキングな事件でした。

ワタシの町でも地震の発生からちょうど1年経過した、
2009年5月12日14時28分から3分間、サイレンが鳴り響き、
黙とうを捧げました。

地震の被害で亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
初体験!南京東路にて
2009年05月12日 (火) | 編集 |
休日に上海で買物。
会社のPCにメモリーを増設しようと思い、部品を買いに行ったのです。
言葉もわかんないし、苦戦が予想されましたが・・・思いのほかあっさり入手。
1時間くらいで目的完了。
さて、帰りの列車の時間まで3時間以上ある。
どないしよ・・・

こうなりゃ、プチ上海観光を敢行しよう!(観光を敢行・・・笑!)
行ったのは南京東路。
上海のガイドブックで最初のところに出てくるベタな観光コース。
何度か行きましたが、一つだけ体験していないコトがありました。
上海に住んでいるヒトでも乗ったことのあるヒトは少ないのでは?
今回、体験したのは・・・
南京東路の・・・
南京東路を通る遊覧バス・・・列車(?)

地元のヒトはコレに乗っているヒトを見て・・・
「郷下人(しゃんしゃーれん)」とかいってバカにします。
日本語で言えば「田舎もの」または「お上りさん」かな?

な、もんで、地元のヒトと歩いていて「アレ乗りたい!」と言っても
「あんなもん、イナカモンの乗るもんだ!」と即刻却下されます。
でも、今日は一人。乗ってみようじゃないですか!

早速、乗り込む。
外観はハデだが、中身は雑。その辺の鉄板を集めて作りました、って感じ。
もともと看板に使われていたと思われる鉄板。塗装もされていない。
・・・やっぱ、いいかげんな民族だね。

出発前にオバチャンが近寄ってきて運賃2元を取られる。
とりあえず、乗っちゃって集金を待てばよい。てきとーなシステム。

歩く速度よりちょっと早いくらいの速度で南京東路を走る。
車内にはスピーカーが付いている。観光案内でもあるのかと思いきや無言。
・・・壊れている?意味ね~

南京東路の景色を楽しみながら、だいたい10分程度で行程終了。

結論。経験で1度は乗ってみる価値アリ。
上海に住んでいても乗ったことのある人は少ない→自慢できる。
いろいろなデザインの遊覧バスがあるのでコンプリートを目指すのもアリ。
ただ、南京東路を歩く上海人には「うわっ!イナカモンだ!」などと
思われているコトをお忘れなく。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
上海駅に登場!自動発券機!
2009年05月11日 (月) | 編集 |
休日、新幹線で上海へ。
上海駅に到着して変わったものを発見しました。
まあ、これだけ路線が整備されたなら必要だろうな。
・・・などと思っていましたが。
「変わったもの」とは・・・
自動発券機コーナー

自動発券機
ついに上海駅にも自動発券機コーナーが設置されました。
上の写真は自動発券機コーナーの建て屋。
下の写真は自動発券機。

この自動発券機で購入できるのは上海~南京間の近距離切符。
言葉が満足にしゃべれない身としてはありがたい。

ちょっと、帰りの切符でも買ってみるか?

自動発券機はタッチパネルで操作する。
日付、行き先、時間帯、枚数などを設定し、最後にお金を入れる。
日本で自動発券機に慣れた我々は問題ない。
でも殆どが自動発券機を使ったことのない中国人。
・・・
乗車券入手までの時間が短縮されると思いきや・・・
あんまり変わらん。と、いうか遅くなったような。

行列のできた自動発券機。ブレーキになるヤツが必ずいます。
まず、ブレーキになると予想されるのが老人とオバチャン。
よって、老人やオバチャンのいない列を選びましたが、遅い。なんで?
理由は簡単でした。ねーちゃんです。
中国のねーちゃんはやたらと機械に弱い。
ちょっと触ってダメなら、固まる。騒ぐ。そして係員にクレームをつける。
しかも、周りで待っているヒトなど気にしない。タチが悪い。
そんで、なぜか後ろにいるヒトに聞こうとしない。

ワタシの前に並んでいたねーちゃん(巨乳)も固まっていました。
幸い、騒ぐ・クレームには至りませんでしたが。
日付を入力→行き先を入力。ここまでは良かった。
はっきりと「売切れ」と表示された便を数回指定。エラーが出て固まる。
やっと「売切れ」に気づき、別の便を指定。
そして、お金を入れるが・・・入らない。
10元札を何度も入れては返され、入れては返され・・・
別の10元札(7~8枚くらい)を試すがダメ。
見かねてワタシが20元札を差し出す。無事購入完了。
ここまでで約5分。プチブレーキだな。

そして、やっとワタシの番・・・1分もかからずに購入。

このねーちゃん(巨乳)がブレーキとなった原因がはっきりしました。
なぜか、この券売機。10元札を受け付けないんです。
試しに100元で切符を購入すると・・・おつりに10元札は出てこない。
 100元で15元の切符を購入したからおつりは85元。
 普通、50元・20元・10元・5元が各1枚出てくるはず。
 しかしながら、この日は50・20元各1枚。そして5元が3枚。
たまたま、この日だけだったのか、システム上の問題かは不明。
とにかく10元札はダメらしい。

同じく、ブレーキになると予想された、老人とオバチャン。意外とブレーキにならず。
彼らはスグに近くのヒトに聞く。または子供と同行している。
結果として、それほど時間を要さない。
また、おねーちゃんも複数であれば何とかする。でも一人じゃダメ。

発券機に並ぶ時は・・・一人旅のねーちゃんに要注意。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
本格麦焼酎「綾」
2009年05月10日 (日) | 編集 |
今回は珍しくお酒の話。
これまで、お酒の話は殆ど取り上げませんでした。
理由は簡単。ワタシ自身、あまりお酒が飲めないから。
最近はスグにアタマが痛くなったり、やたらと二日酔いになったり。
(二日酔い、じつは”宿酔い”とも書くそうです。知ってました?)
まあ、父親の家系は下戸ばかり。ワタシにもシッカリ遺伝しちゃいました。

それでも、お酒を飲む機会はたくさんある。サラリーマンですから。
ただ、幸いなことにお酒を飲むという行為はキライじゃない。
飲む時はアルコール度の低いものをチンタラ飲む。
可能な限り”食い”に徹する。

ムチャしなきゃいけないときは(次の日が休日という条件付で)ムチャする。
特に中国人との飲みの席は乾杯(乾杯)が多く、ムチャが要求される。
そんな時は、人間ではなく”バケツ”として対応せざるを得ない。
人間は酒を飲んだら消化し、酔う。そして、口から飲んでシタから出す。
しかしながら、”バケツ”の場合、消化しない。限界を超えたらこぼすだけ。
それも同じ口から。
(食事中の方もいらっしゃると思いますので、明言は避けます。)
こーゆー時は上等な酒を遠慮するようにしています。
こぼしたらもったいない。mottainaiです。

(ワタシのそんな姿を見て、ワタシは限りなく飲めると勘違いしている中国人が
多くて、少々難儀しています。)

どーせ、すぐ酔っちゃうし、ヘタすりゃ”バケツ”になっちゃうんだから安い酒でいいよ。
・・・と、いうのが20代のころの考え。

でも、30過ぎたあたりから考え方が変わってきました。
必要に応じてムチャはする。でも、いつもムチャしなくてもいいでしょ?
・・・と、いうことで。
最近は「どーせチョットしか飲めないなら、いいお酒飲みましょうよ。」
という考えに変わりつつあります。
”大人な考え”?そーかもしれません。

30過ぎたあたりから本格焼酎が好きになりました。
焼酎と言えば、鹿児島。鹿児島と言えば薩摩。薩摩と言えば・・・イモ!
ならば、イモ焼酎でしょ?てな感じでイモ焼酎を好むようになりました。
芋の香りが残り、香りや味わいがある。
米や麦の焼酎などアルコール溶液に過ぎない・・・これが今までの考え。

しかしながら、最近は麦焼酎も好きになりました。
特に「神の河(かんのこ)」や「くろうま」のようなチョット黄色い焼酎が好みです。
洋酒のような香りがあるが飲みやすい。少々飲みすぎても残りにくい。
※本当に洋酒を飲んだら、確実に二日酔いになる。

そんな中で、すげーヤツに出会いました。(やっと、本題です。)

それは中国へ出張に来たお客さんのお土産でした。
すげー麦焼酎
本格麦焼酎「綾」。
焼酎のクセして38度。ウイスキーか?
これをロックで飲んだが、すばらしい。
”洋酒のような香り”と表現せざるを得ないが、非常にキレイな香りがする。
まあ、1杯飲むのに30分以上かかりますが・・・
キレイな香りがするもんだから、タバコ吸ったり、ツマミを口にしようという気にならない。
そんくらいキレイな香りがしました。

やっぱ、いい酒はうまいんだね~
飲める量に限界があり、評価に時間がかかりすぎることが少し悲しいが・・・

最近、「大人のお酒の飲み方」に目覚めた(?)ワタシ。
こうやって、オヤジの階段を昇っていくのだろうか・・・(涙)
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
NHKワールドプレミアム
2009年05月09日 (土) | 編集 |
社宅のテレビ、最近中国のチューナーを導入しました。
日本人ということでNHKも3チャンネルおまけでついてきました。
BS-1、2そしてNHKワールドプレミアム。
BS-1,2は以前も調子悪いながら見ることができましたが、
通常のNHKは見ることができませんでした。

まあ、NHKとワールドプレミアムは少々編制が異なりますが。

このワールドプレミアムで見つけた番組。

着信御礼!ケータイ大喜利

あるお題についてケータイメールで回答を投稿。
千原ジュニアが選定して発表していくもの。
いや~久しぶりに見たな~ケータイ大喜利。
大好きなんですよ~この番組。
ケータイ大喜利
この日の1発目のお題は・・・
大作映画「宇宙ウォーズ」が明らかに手抜き。どうなった?
回答「アルミ脚立が見切れてる」
・・・イマイチ。

久々に見たケータイ大喜利。気づいたこと。
”レジェンド”が増えている。10人くらいいるのかな??
1年以上見ない内に増えたな~
時間の経過を感じます。

ちなみにケータイ大喜利。日本では5月4日に放送。
でもワールドプレミアムでは5月7日。
時間がズレている。
まあ、投稿するわけじゃないのでいいのですが。

充実してきています。中国生活。
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
しゃぶしゃぶ御香海
2009年05月08日 (金) | 編集 |
上海に住む日本人の間で人気のお店。
しゃぶしゃぶ御香海。
syabusyabu
上海市内に3店舗。
去年、ワタシの住む昆山にも開業。もうすぐ開業1周年。

システムは食べ放題、飲み放題で1人98元。
日本食の食べ飲み放題は130元程度。リーズナブル。

メニューは牛肉刺身としゃぶしゃぶ肉3種。
しゃぶしゃぶ肉はビール牛肉、ゴールデン牛肉、御香海スペシャル牛肉。
食べ放題の対象は肉と野菜だけ。サラダなどは別料金。
しかしながら、お店のサービスでチョコチョコ出てくるので問題ない。
飲み放題の対象はビールと日本酒。

お味も良好で、日本のしゃぶしゃぶ食べ放題よりもレベルは高い。
リーズナブルでおいしいステキなお店です。

日本へ帰任したあと「中国でまた食べたいものは?」と聞かれたら・・・
「しゃぶしゃぶ」って答えちゃいそう。

さて、この店の名前「御香海」
何て読むのでしょうか?
じつは日本人の間でも個人差があります。
”おんこうかい””ごこうかい””ユシャンハイ(中国語)”
さて、正解は?
確認のため、お店に電話してみた。
電話をかけよう・・・
出た・・・
従業員「はい!もしもし、しゃぶしゃぶです~」
・・・店の名前言わないし。

どうやら正解は”ごこうはい”
日本語と中国語が混ざった呼び名。

いい店なんだけどな~
呼び名が確定していない。
まあ、いいか。(中国人的思考)
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
ジーンズが・・・
2009年05月07日 (木) | 編集 |
中国へ戻り4日目。
異変が起きました。
と、言うより異変に気づきました。

久しぶりに穿いたジーンズが・・・
縮んでいるのです・・・
中国の水のせいか?
でも、過去にこのようなことは無かったような。
・・・
・・・
超常現象?
・・・
違うね。

話し変わって、会社で実験に使用する体重計を見せられた。
中国人担当者「実験に使う体重計買ってきたアルヨ」
ワタシ「ふ~ん・・・」
担当者「高級なヤツヨ。160元したヨ」
ワタシ「ふ~ん・・・ちょっと、乗ってみるか?」
・・・
ワタシ「・・・76kg??大丈夫か?この体重計。」
担当者「問題ないアルヨ!ワタシも測ったアルヨ。問題ないヨ!」
ワタシ「そ、そう?6kgくらいプラスに誤差が・・・」

2つの事件が繋がりました。
・・・うん、理論的には間違いない。
ジーンズが縮んだのは超常現象ではない。
体重計も正確だ。
・・・
こりゃぁ・・・太ったな。
ワタシの場合、太ももから来るし。肥満。
そういえば、ハラも・・・

中国赴任時は70kg以下。
そんで今は76kg。
思い当たるフシは・・・あるな。
4月、ジムサボりまくり。日本へ帰国した時は食いまくり。
3月にゴルフ場で測定した時は70kg。
4月で6kgくらい太ったようです。
・・・
こりゃぁ・・・特訓だな。
6月の帰国までに戻さなければ・・・
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
日本で行ったラーメン屋・一蘭
2009年05月06日 (水) | 編集 |
日本帰国中に行ったラーメン屋シリーズ!
・・・シリーズと言っても1軒だけですが。
今回、行ってきたのは・・・
上野駅付近にあるラーメン屋「一蘭」。

福岡博多発(多分)のとんこつラーメンの店。

ここの情報を聞いて、期待大でした。
①カウンターは仕切りで区分けされている。
②私語禁止
③ケータイ電話禁止
・・・図書館か?
味に集中させること、回転効率を上げることが目的のようです。

いくつかの情報をもとにシュミレーションしてみた。
・・・
店に入るなり、愛想の悪い職人がボソッと「いらっしゃい」
怖い顔して「ご注文は?」
殺風景な仕切りつきの席で怖そうな職人と直面。びびりながら注文。
そんで、無言で出来上がったラーメンを突き出す。
食べている最中に隣とベラベラしゃべったら、もう大変。
厳つい頑固職人が「ゴルァ~そこ!私語厳禁じゃい!ラーメンが冷めるだろうが!」
とか、激怒しながら怒鳴りつけてくるんだろうか?
いいね~こーゆー唯我独尊な店。楽しみです~

・・・とりあえず、行ってみた。
店に入るなり、「いらっしゃいませ~何名様ですかぁ~」
         「食券はこちらでお買い求めくださぁ~い」
・・・愛想、いいじゃん。ちょっと期待はずれ。

つづいて、カウンター
一蘭カウンター
両側に仕切り板。両隣との私語を防止する。
正面に暖簾(のれん)。暖簾がくるりと捲れてラーメンが出てくる。
仕切り板は丸みを帯びており、隣との会話は不可能じゃない。
木目模様で落ち着いた感じ。見た目も悪くない。
・・・もっと閉鎖的なのをイメージしていたのに。

おっ!ラーメンがくるぞ!
おもむろに暖簾をかき上げ、無言でラーメンを突き出す店員。
・・・を期待していたのに。
「お待たせしましたぁ~ラーメン、麺固めでぇ~す。」
・・・愛想いいなぁ~期待はずれ。

このままでは・・・と思い、隣にいた同行した先輩と話をしてみる。
厳つい頑職が「ゴルァ~」・・・って、言ってこないね。残念。

おっと、忘れていた。ラーメン。
一蘭ラーメン
”とんこつ”といいながらクセのないスープ。
少し、魚介系の風味を感じる。
うん、スープ良好。
麺は・・・”固め”にしたのがマズかったかな?粉っぽい。
次は”ふつう”にしてみよう。
そして、”秘伝のタレ”。とうがらしと味噌で作ったタレ。多めにしときゃよかった。
ラーメンの評価は良好。うまかったです。でも、行列作るレベルかなぁ~?

店を出て・・・
ワタシ「なぁ~んだ、普通の店じゃないですか~。ちょっと変わっていたけど。」
先輩「・・・何を妄想しているんだ?マゾだろ?お前。」
ワタシ「・・・否定はしません。」
勝手に妄想が暴走するワタシ。ダメ?
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
中国へ帰国・・・もとい、復帰
2009年05月05日 (火) | 編集 |
5/3。
ゴールデンウィークの休暇も終わり、中国へ復帰。
休暇?土日以外出社していましたぞ。
さらに、日本中国両方の連休を避けるような日程。
・・・これ出張じゃね?まじで。申請してみようかな?日当。
・・・やめとこ。ワタシ、弱え~から。

ブタインフルが騒がれて、フェーズ5に上がったというのに飛行機で移動。
こりゃぁエライことになってるぞ~成田~
などと思い、マスク(10枚で500円。やす。スカスカ)を装備して空港へ!
・・・
・・・
ん~あんまりいないな~マスク。
10%くらい?マスク率。それも日本人ばっか。
出発ロビーと到着ロビーでテンションが違うのかな~
それとも、騒いでいるのは日本人だけなの??
マスクしていると外国人にスゲー変な目で見られる。

それと、この日の空港。荷物チェックがヌルイ。
うっかり、飲みかけのペットボトルをカバンに入れたままチェックイン。
さらにタバコとライターも持ったまま。
これらに気がついたのは・・・免税店の前。
・・・ダメじゃん。
検査員が入国カウンターへ集中していたのかな?

飛行機へ搭乗。3時間弱のフライト。
さて、映画。何を見ようか・・・
「20世紀少年」いっとく?2時間20分。・・・いけるでしょ?
・・・結果。途中で終わり。
離着陸の時や機内アナウンスの時は停まるんだよね。映画。
ああ・・・気になる・・・結末。
「20世紀少年」の1作目。結末を知っているヒト。お願いだから言わないでください。
ウイルスを撒き散らす巨大ロボットが出てきて、何やらカンやらやってたあたりで終わり。
う~ん・・・どーなる?ケンヂの運命はいかに・・・

飛行機を降りて入国手続き。
出た!サーモグラフィー!
出た!体調検査票!
やっぱ、日本だけじゃないよ。騒いでいるの。
それにしても、この体調検査票。何とかならんか?
コレね、英語と中国語だけなのよ。ん?ワタシ?ワタシは問題ないアルヨ。
問題はワタシの前に並んでいた日本人のオバチャン。
係員に”白票”を出そうとしている。
読めないのはわかるが、名前くらい書け!
日本語版も作ったほうがいいって。行列が絶えないから。

入国手続きを終え、運転手と合流。
そのまま真っ直ぐ社宅へ。
ベッドで横になり、思わず一言。「ああ~帰ってきた~ やっぱ、うちはいいね~」
・・・いやいやいや、”うち”じゃねーだろ!
なんて一人ツッコミ入れるワタシなのでした。

4日から仕事。日本は本格的に連休。
休み、損した?
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。